第477回 茨城貨幣研究会例会

午後1時30分ごろに会場に着くと、いつものメンバーに会いあいさつを交わす。記念貨を譲ってくださるというご近所のベテラン収集家にも会いました。記念貨は日本貨幣商協同組合加盟店では買い取ってもらえず、処分に困われている様子でした。在庫が余っているため買取はしません。比較サイトでは額面に上乗せする程度です。

東京オリンピック記念貨幣を購入するかについて各収集家の意見を伺いましたところ、金貨が余りにも高額すぎるという声が多数でした。今までで最も高い。1万円金貨が12万円です。金相場が上昇しているとはいえ、東日本大震災復興記念金貨の寄付金付きの95000円よりもはるかに高い。貨幣セットも別に販売されすべての37種類を集めるのは難しいということがわかりためらっています。

PCGSのスラブケースがいつ頃作られたものなのかについてもお聞きしました。答えはいつ作られたのかはわからないとのことでした。10円青銅貨のPCGSのサイトと実物を比較して時間が経ったため銅が変色したものなのかよくわかりませんでした。スラブケースの中は真空ということだけわかっていますが長く持っていて変色したものを出品しているのか今一つ分かりませんでした。セキュアマークの付いたものしか画像は表示されず、偽物が横行しているということ。

今日はこの夏で一番暑かった。

追記

日本近代銀貨研究会編の「銀」はCCFの会場で2100円で購入できます。「一円銀貨の部」の改訂版も近いうちに出版されますが、「銀」と比べると若干の訂正があり新しい情報の書物に生まれ変わります(日本近代銀貨研究会会員様の情報)。私は両方買うつもりです。

「水戸の虎銭・大黒銭について」の過去の資料と比較して通説に2か所の訂正があることを説明・解説した冊子を出席者全員に配布。

一朱銀、一分銀、旭日50銭銀貨、旧1万円札、絵銭などが出品され皆さん熱心に選別されておられました。次回、10円新貨ロールを持参してくださる方がおられました。どうもありがとうございます。楽しみにしています。毎回、会費を支払っているのでこのくらいのことがあってもいいのではないか、行く気が喪失してしまう。

大きなスイカをいただく。どうもありがとうございます。水分補給に役立ちます。

平成19年 Cm型(タイプ)

帰宅後、除草に追われ3メートル周辺で終わりました。作業には慣れているためきれいにできました。

私が大学生だったのは1980年代半ばですが、当時は口腔病理学の教授だった枝重夫教務部長(当時)のカルチャーという大学の同じ学年の学生に配布するパンフレットであった。昭和27年の前期と後期について論述されており、コインアルバムにシールを張り分別して集めていた。

当時は手変わりに関する書籍は「ボナンザ」で発表されている最中でしたから専門書など見かけることはありませんでした。いまは鈴木和三郎氏の書籍がありますから、まさに隔世の感があります。また、研究も盛んにおこなわれていて、手変わりというものが広く一般の人にも身近になってきているということがわかり、なんだか嬉しく思います。

手変わりというのは、本当に奥が深くて面白いものです。状態を選ばなければ最も廉価で集めることができます。昭和61年後期 Cf型(タイプ)の未使用だけが数万円します。

図書館から借りた本が読まないで積まれています。結局、東京オリンピック記念貨幣には2通、造幣局オンラインショップより申し込みました。リオデジャネイロ、東京オリンピック引き継ぎ記念の時にはまだ全部で何種類が発行されるか分からなかった。その分、殺到し、今回は購入したくても余裕資金がなくあきらめて買わないことに決めた人もいると思い、ハガキを投函することはやめました。


■平成19年 Cm型(タイプ) すべてがこのタイプなので非常に多く存在します。存在率:100%。


特徴は他のCm型(タイプ)と同じです。


20180712_19h46_39


赤矢印の先に「傷があります」。屋根ほか全体にも傷がありますので収集する際にはできる限りきれいなものを集めることをお勧めします。超低金利時代なのでできるだけ安く手に入れることをお勧めします。収集の世界に入った10円青銅貨は貨幣ではなく物になります。


20180712_19h47_40


Click on the image to enlarge

(クリックすると画像が拡大されます。画像が表示されるまで少し時間がかかる場合があります。)



平成18年 Cm型(タイプ)

ヤフオクくじで当日落札で20%の期間限定Tポイントが貰えるものが初めて当選しましたが欲しいものはないので見送り。




■平成18年 Cm型(タイプ) すべてがこのタイプなので非常に多い、気にすることはありません。







③「左石積切れ目:有り






20180711_20h26_22






20180711_20h34_26





Click on the image to enlarge
(クリックすると画像が拡大されます。画像が表示されるまで少し時間がかかる場合があります。)








平成17年 Cm型(タイプ)

ネットで検索して東京オリンピック記念貨幣を申し込みました。金貨は3種類発行だそうでこれからの抽選倍率なども楽しみにしてみたい。購入は後回しです。

2次 2019年7月
3次 2020年1月
4次 2020年7月


1次の100円硬貨の金融機関での引き換えの詳しいことは2018年10月ごろに発表されるそうです。



■平成17年 Cm型(タイプ) すべてがこのタイプです。非常に多く存在します


プレミアムは当然ながら付くことはありません。


③「左石積切れ目:有り


20180710_20h26_17


20180710_20h27_22


Click on the image to enlarge
(クリックすると画像が拡大されます。画像が表示されるまで少し時間がかかる場合があります。)

平成16年 後期 Cm型(タイプ)

造幣局メールマガジンが届き、いよいよ明日から東京オリンピック・パラリンピック記念硬貨の第一次発行分の申し込みが始まる。これも発行しすぎてすべては集められない気がする。



東京2020オリンピック競技大会及び東京2020パラリンピック競技大会
を記念する貨幣が、大会開催直前までに4回に分けて、オリンピック・パラリン
ピック合わせて37種類発行される予定となっています。
 造幣局では、その第一次分として発行される記念貨幣のうち、一万円金貨幣
1枚を組み込んだ貨幣セットと千円銀貨幣1枚を組み込んだ貨幣セット(2種類)
の通信販売の受付を開始することとしました。

 申込受付期間は平成30年7月10日(火)から8月1日(水)まで(消印有効)

 詳しくはこちらのページをご覧ください。
(1)東京2020オリンピック競技大会記念一万円金貨幣プルーフ貨幣セット
 「流鏑馬と心技体」(販売価格:120,000円)
https://www.mint.go.jp/buy/coinset-online/hanbai_h30_olym-g.html

(2)東京2020オリンピック競技大会記念千円銀貨幣プルーフ貨幣セット
  「水泳」(販売価格:9,500円)
https://www.mint.go.jp/buy/coinset-online/hanbai_h30_olym-s.html

(3)東京2020パラリンピック競技大会記念千円銀貨幣プルーフ貨幣セット
  「柔道」(販売価格:9,500円)
https://www.mint.go.jp/buy/coinset-online/hanbai_h30_para-s.html

 今回、お知らせしている記念貨幣は、金融機関の窓口での引き換えは行われ
ませんので、ご注意ください。





とりあえず申し込んでみるが痛い出費には間違いない。プレミアム付きの記念貨幣で儲けているのだからできるなら買いたくはないがリオデジャネイロと東京オリンピックの引継ぎ記念銀貨のように抽選倍率が10倍を超えることになるかもしれない。

金融機関より額面で引き換える100円ニッケル・銅貨はロールで集めたい。


■平成16年 後期 Cm型(タイプ) 多く見られる


①「左露盤(左宝珠)に切れ目:有り」 着眼点が同じであるため観察する必要はありません。
②「階段切れ目:有り」 着眼点が同じであるため観察する必要はありません。
③「左石積切れ目:有り

20180709_19h53_24

20180709_19h54_39




Click on the image to enlarge


(クリックすると画像が拡大されます。画像が表示されるまで少し時間がかかる場合があります。)



平成16年 前期 Cl型(タイプ)

西日本を中心とした記録的な大雨豪雨により、各地で土砂崩れや河川の氾濫が発生し犠牲者が増え続けています。東日本大震災のときのように記念硬貨が発行されるような勢いです。


職場が変わったために疲れも出てきました。一日中、暑くてぐったりとしていました。今、経済の勉強をしています。投資信託などの書物を読んでいます。超低金利でわずかの利息しか得られない銀行預金より、利息は大きくなるようです。現行貨はできるだけ額面に近い金額で購入するようにしました。催事に行っても無理に購入はしないことに決めました。



■平成16年 前期 Cl型(タイプ) 多く見られるので意識的に見ることはしていません。


通常貨はもちろんのことミントセットにも組み込まれているために、プレミアムは付きません。Cl型(タイプ)の貨幣は共通の図案をしているのが特徴です。


①「左露盤(左宝珠)に切れ目:有り」 平成16年 後期 Cm型(タイプ)と同じです。
②「階段切れ目:有り」 平成16年 後期 Cm型(タイプ)と同じです。
③「左石積切れ目:無し


①と②はCl型(タイプ)にも見られるので特に見る必要はありません。


20180708_21h05_15


20180708_21h06_18


Click on the image to enlarge


(クリックすると画像が拡大されます。画像が表示されるまで少し時間がかかる場合があります。)


平成15年 後期 Cm型(タイプ)

2018CCFオークションカタログが届きました。中身を見ただけですが出品物のうちで昭和61年後期 美品 の下値が10000円とかなり高めに設定されているため、最近になって異常に人気が高くなった手変わり品のようですが未使用でない出品を見るのは今回が初めてになります。

2018CCFオークションのカタログは以下のアドレスで見ることができます。PDFファイルです。


大雨で福岡県・佐賀県・長崎県に次いで、広島県・鳥取県・岡山県にも大雨特別警報を発表した。


■平成15年 後期 Cm型(タイプ) 多いので見ていません。

ミントセットにも組み込まれています。通常貨にも含まれていますので残念ながらプレミアムは付きません。

素人の貨幣収集家の意見にすぎません。また、ロール出しは銀行の麻袋の中での袋ズレや当たり傷が見つかることが多く、ミントセット出しは完全未使用品が比較的多く見つかるため強くお勧めします。

①「左露盤(左宝珠)に切れ目:有り
②「階段切れ目:有り」 Cl型(タイプ)と同じ特徴を持つため観察する必要はありません。
③「左石積切れ目:有り

20180706_20h36_00

20180706_20h37_47

Click on the image to enlarge


(クリックすると画像が拡大されます。画像が表示されるまで少し時間がかかる場合があります。)
 
 
 

平成15年 前期 Cl型(タイプ)

関東地方では梅雨が明け、本格的な夏を迎えましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。こちらでは夕方、小雨に降られてしまいました。

金融機関に行きましたが、2020東京オリンピック記念硬貨100円の引き換えに関してはまだ財務省のほうから連絡がないということです。初日は一人2枚までと制限がありましたが2日目以降制限がなくなり記念貨幣に限っては引き換えするときに手数料がかかりません。2日目以降の50枚ロールを集めたい。

1次 金貨1枚 12万円

オリンピックとパラリンピックで銀貨も含めるとかなり出費がかさみます。日本では金貨は通貨なので地金価格が上回っても自国では溶かすことができず外国に持ち込まなければいけません。買取の時はその仲介手数料も取られますのでよく考えておいてください。一般人は金貨は所有しているだけで自己満足をさせるものなので購入は控えたほうがいいと思います。貨幣ではなく「金の延べ板」がいいといわれていました。

「富裕層」と呼ばれる人たちが購入する範囲のものです。


■平成15年 前期 Cl型(タイプ) 

ミントセットにも組み込まれており、通常貨でも確認できるため経済史、貨幣史的観点から分析してみても稀少価値はありません。

これに対して、昭和61年 後期 Cf型(タイプ) は例外としてミントセットには組み込まれていないことから人気が高く、稀少価値も高くなり、未使用の状態のものは数万円の評価が付くことになった。

ミントセットにも組み込まれており、未使用の貨幣が収集界に多く?残されているものは稀少価値が付きません。

①「左露盤(左宝珠)に切れ目:有り
②「左石積切れ目:無し

Cl型(タイプ)はすべて同じ特徴を持つため、他の貨幣である「平成14年 中期 Cl型(タイプ)、平成16年 前期 Cl型(タイプ)」と特徴を比較してみてください。拡大鏡で見ると納得されます。

20180705_19h58_29

20180705_20h00_35

Click on the image to enlarge (クリックすると画像が拡大されます。画像が表示されるまで時間がかかる場合がありますので少しお待ちください)

平成14年 後期 Cm型(タイプ)

2008年9月25日に「リーマンショック」がアメリカで起こり、株が大暴落しました。景気が下がり、紙幣の価値も下がり、株も下がりました。

厳密にいえば、まだ「ゼロ金利政策」は継続しています。イールドカーブ・コントロールといいます。


「2016年、日本銀行は9月20、21日の政策委員会・金融政策決定会合において、これまでの金融政策の「総括的検証」を踏まえて、「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」なるものの導入を決定しました。では、この「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」とはいったい何のことでしょうか?

 そもそも量的・質的「緩和」なのか?見方を変えれば「緩和」ではなくいわゆる緩和の出口=「テーパリング」ではないか?という感じもしますが、ここではその議論は置いておくことにします。

そこで、「長短金利操作」のみに焦点をあてると、これを別名「イールドカーブ・コントロール」といい、金融市場調節によって長期金利と短期金利の操作を行うことを指します。具体的には、短期金利は日銀当座預金のうち政策金利残高にマイナス金利を適用し、長期金利は10年物国債金利がゼロ%程度で推移するように長期国債の買い入れを行うというものです。

つまり今後は、日本銀行の国債買い入れは、買い入れ額のメドを示した上で、「長短金利の操作方針を実現するように運営される」ということになります。」

http://apl.morningstar.co.jp/webasp/yahoo-fund/nisa/fp_column102.html



「イールドカーブ・コントロール(長短金利操作)は、2016年9月の日銀金融政策決定会合で日銀が新たに導入した政策枠組み「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」の柱のひとつ。2016年1月から始めた短期金利のマイナス金利政策に加え、10年物国債の金利が概ねゼロ%程度で推移するように買入れを行うことで短期から長期までの金利全体の動きをコントロールすること。日銀は指定する利回りで国債買入れを行う指値オペレーションを新たに導入するとともに、固定金利の資金供給オペレーションの期間を1年から10年に延長することによりイールドカーブ・コントロールを推進する。」




■平成14年 後期 Cm型(タイプ) 非常に多く見受けられる、存在数は平成14年銘の中で最も多く、ミントセット、通常貨の両方に見ることができます。


①「左露盤(左宝珠)に切れ目:有り
②「階段切れ目:有り
③「左石積切れ目:有り


また、近年になって製造された平成28年、平成29年、平成30年銘とは図案が明らかに異なってきています。平成28年以降、図案が変更になったようだ。この辺りもよく比較してみます。当然ながら、分類番号も別なものになります。


20180704_21h51_47


20180704_21h53_05


Click on the image to enlarge


平成14年 中期 Cl型(タイプ)

昨日よりは過ごしやすかった。サッカーは敗れてしましたね。それほど興味がなかったために寝てしまい現地での生中継は見ていません。決勝トーナメントまで進出したのですが、以前と比べて内容が濃くなり日本のサッカーのレベルも上達したとみられます。

釣銭の小銭が財布に貯まった煩わしさは、だれしも経験するところだが、これを身軽にしてくれる紙幣がないとしたらどうだろうか。不便で仕方がない。金融機関より引き出す際も、一日の枚数が限られていてそれ以上の枚数だと手数料を取る。株式会社なので納得がいくが今一つわからない点である。

造幣局では、大量のミントセット(現地販売、通常販売を含む)、プルーフ貨幣、記念貨幣(金貨、皇室関係のものも含む、2020東京オリンピック記念1万円金貨は販売価格12万円と高額な貨幣であるうえに、金相場が値下がりしてきた)、地方自治千円銀貨など10年にわたり発行されたものに見られるようにあたかも記念切手のように頻繁に発行されるようになって、人気がなくなったといえよう。高収入の収集家がコイン商に行き購入するのであるがクレジットカード決済などがなければまともな貨幣を購入できず満足できる趣味とは言いがたい。

筆者は記念硬貨の発行はオリンピック、万国博覧会そのほかの重要な行事だけでいいと思う。なぜ高額な貨幣を大量に発行するのだろうか。購入できる人も限られてくる。買取価格も金融機関より両替したものは買い取らない。

コイン商での販売やオークションも第三者鑑定機関のスラブ入りケースに入れて高い数字のものを割高にして販売されている。かなりの資金が必要になる趣味である。マイナーな趣味と断言しても言い過ぎではない。よほどの変わり種もしくは富裕層の遊びであろう。

もう一度、経済指標や相場動向が上昇して、あるいは企業の業績見通しが良くなって「ゆうちょ銀行」「大手金融機関」の利息が多くつき、日本人の賃金が上がり年収が上昇しないことにはコイン不況は変わらないだろう。2006年7月に日本銀行が「ゼロ金利政策」を解除したことで、1995年9月から続いてきた預貯金の利息がゼロに近い異常事態も一区切りがついた。しかし、ゼロ金利ではなくなったものの、預貯金が超低金利のもとに置かれている状況は変わっていません。他人ごとではあるが心配に思う。書籍も発行されることは期待できない。


■平成14年 中期 Cl型(タイプ) やや少ない

ミントセットにも組み込まれているためプレミアムは付かないが、通常貨も含めて存在数は「やや少ない」部類に属するので保存に値する。

①「左露盤(左宝珠)切れ目:有り
②「階段切れ目:有り
③「左石積切れ目:無し」 正式な名称はありません。

※切れ目が有るのか、無いのかで分けていますのであえて微細な差では判別していません。

20180703_21h30_52

20180703_21h35_23

Click on the image to enlarge

«会誌『銀』 第三報の購入方法

無料ブログはココログ
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31