7月21日 第488回茨城貨幣研究会例会のお知らせ

令和元年7月21日(日)に貨幣研究会例会が開催されます。不発行10円洋銀貨が欲しい。昭和25年銘と昭和26年銘。状態は未使用。『収集』誌の表紙1983年3月号にもありましたように、状態別で分けると3種類に分けられるようです。プルーフ状、普通、普通のものより造りがよく、少々重量の異なる材質違いで試鋳貨。当時を知る人の話では、長いこと袋詰めのまま山積みされていたので、不発行にしては数の多いほうです。あまりにも高く購入は夢です。

明日は一日雨の予報。パソコンでWordを作る時間がようやく取れました。案外、『収集』誌の文章は簡単なのかもしれません。10円青銅貨についての手変わりの文章を作りたい。プルーフと通常貨幣。筆者の新発見の手変わりも加えて発表の予定です。興味のある収集家はしばらくお待ちください。

 

大阪造幣局で令和元年硬貨の打ち初め式

大阪造幣局で令和元年硬貨の打ち初め式

「令和元年」の文字が刻印された硬貨と、天皇陛下のご即位を祝う記念貨幣の打ち初め式が11日、大阪市北区の造幣局で開かれた。

製造が始まったのは五百円と百円の各硬貨と、一万円記念金貨、五百円記念銅貨の4種類。

造幣局によると、需要の多い五百円と百円の両硬貨を優先して製造を開始。デザインは同じで、日本銀行に納入後、早ければ今月中に金融機関を通じて出回る。一円など硬貨6種類が出そろうのは10月ごろになる見通し。

「令和元年」の硬貨 製造始まる 大阪造幣局

さいたま支局と広島支局でも令和銘の貨幣が製造される。昭和61年後期 Cf型のような手変わり品が造られると面白い。どの工場で造られたのかが後で問題になる。昭和61年後期 Cg型も存在の可能性ありで探しているところです。

本日、市内の金融機関に23日(水)に発行される記念硬貨について話してきました。引換開始日は1人につき、各種類2枚限り、計12枚以内です。一昔前は金融機関の前に空くのを待ち、行列を作り何度も並び返したことがありました。

当時はどのデパートでも切手とコインの売り場がありにぎわっていましたが今現在は全く見られず完全に興味がなくなり下火です。 本日訪れた金融機関では県内では最も多い枚数の1種目の貨幣当たり200枚の割り当てということです。2日目以降は無制限なのでロールで入手できることを期待したい。翌日は休日なのでありとあらゆる金融機関、郵便局に行き両替してきたい。また、平成28年銘の新貨ロール1本10円青銅貨を手に入れました。

また、別の金融機関で両替すると、昭和33年銘の10円青銅貨を発見できて非常に嬉しいです。

造幣局より「天皇陛下御即位記念プルーフ貨幣セット」販売のお知らせのハガキが届く。資金がないので申し込みません。

レトロコイン展の葉書が届く

本日、横浜市にあるレトロコイン展の葉書が届く。

7月13日(土) 11時から18時まで

場所:上野桜木あたり 

引用します。この度、下記の催しをさせて頂きます。古民家のお座敷というアットホームな雰囲気で皆様をお迎えいたします。お愉しみ頂ける有意義な催しにできますよう、今回も鋭意準備に努めて参りたいと存じております。

  • 古民家で愉しむ「レトロコイン展」2019夏
  • 会場 上野桜木あたり ざしき
  • 時間 2019年7月13日土曜日開催 11:00〜18:00
  • 古美術品の展示販売あります
  • オークション出品物お預かり、下見会(一部ロット)

当会場では、ウェブサイトでご案内している商品、および、当日までの新入荷品の展示即売、そして"リアル気まぐれ市"も開催!また、終日「なんでも相談会」を行います。お手持ちのコインをご持参頂き、担当者が詳しくご案内させて頂きます。PCGS、NGCなどスラブコイン全般についてのあらゆるご相談、繊細なコインの管理方法など、専門用語から申込方法、売買相場まで喜んで承ります。もちろんご入場無料です。
会場は、JR「日暮里駅」、東京メトロ「根津駅」「千駄木駅」より徒歩10分程度。どうぞこの機会に、どこか懐かしい谷根千の町並みを愉しむ、夏のお散歩にお出かけ下さい。詳しくは、下記のウェブサイトをご覧下さい(アクセスマップもあります)。

皆様方とお目にかかれますことを楽しみにしております。なお、この期間、本ウェブサイト掲載品を一挙催事会場にて展示即売いたします。誠に恐れ入りますが、オンラインでご注文可能な品でも、催事会場にて売り切れとなってしまうこともありますので、ご注意下さいませ。

 

明日から造幣局オンラインショップより天皇陛下御即位記念貨幣の通信販売が始まりますので興味のある方は申し込みを忘れずに。

 

平成31年銘ミントセットが届く

独立行政法人 造幣局オンラインショップより平成31年銘ミントセット(通常)が届く。かなり前に申し込んでおいたので価値が下がっていないか不安です。平成31年銘ミントセットが欲しいという仲間がいました。その影響があったのかもしれません。

やはり記念貨は東京オリンピック記念貨幣だけにして残りは10円青銅貨の手変わりの状態の非常に良いものにすることに決めている。余裕が出てくれば、昭和25年、26年の不発行10円洋銀貨も見てきたい。

確かに、日本貨幣商協同組合長も『収集』誌の中で話されていたが、業者の店頭には昭和40年銘 前期 Ab型 右隅楼軒先:2本線 の未使用+、完全未使用のものが置かれていませんでした。発行枚数が多いのにもかかわらず入手が難しくなっていることが書かれていました。まさにこのことが当てはまります。一般的な収集家は『日本貨幣カタログ』に書かれている評価を参考にして実際に購入する額を決めるわけですが、どうしても欲しいものにはカタログ価格を大きくはみ出して高値になって取引されています。より専門的な分野に進んだ人が10円青銅貨の手変わりを収集する場合には、より入手困難なものでも稀少性の高いものと同様に異常な落札価格が付く状況といえます。ネットオークションでこの傾向が見られます。筆者もカタログ価格を大きくはみ出てまでして購入するのが妥当なのかいろいろと考えています。スラブ入りにすればこの価格に近くなりますなど。

新橋スタンプ商会様より「決算セール」の手紙が来る。昭和61年後期 Cf型の平等院鳳凰堂側の図案が見たいのですがあいにくこの日は仕事で行けません。

東京オリンピック記念貨幣 千円銀貨の当選倍率

すでに東京オリンピック記念貨幣の抽選は終わり、造幣局のホームページに当選倍率が発表されています。動画配信は終了していましたので知るのが遅かったわけです。このブログを見てくださっている方、ご迷惑をおかけしまして大変申し訳ありませんでした。

申込状況及び抽選対象数

東京2020オリンピック 競技大会記念 千円銀貨幣 (第二次発行分)
「陸上競技」 当選倍率4.7倍


東京2020オリンピック 競技大会記念 千円銀貨幣 (第二次発行分)
「バドミントン」 当選倍率4.6倍


東京2020オリンピック 競技大会記念 千円銀貨幣 (第二次発行分)
「野球・ソフトボール」 当選倍率4.7倍


東京2020パラリンピック 競技大会記念 千円銀貨幣 (第二次発行分)
「水泳」 当選倍率4.3倍

 

3月8日13時30分から造幣局構内において抽選がされたということが書かれています。当選倍率が10倍を超えれば購入しても後悔しませんがこの倍率ですと非常に悩みます。


ヤフオクに手変わり品が出品されています。欲しいです。
AWの第17回フロア・ライブオークションのカタログが送られてきました。

東京オリンピック記念貨幣(第二次)の当選通知が来る

本日、東京オリンピック・パラリンピック記念貨幣(第二次)の1000円銀貨4種類の当選通知が造幣局オンラインショップよりメールが届いた。バドミントン、陸上競技、野球・ソフトボール、水泳の貨幣で合計すると、38000円の高額になる。どうやら抽選にはならず順調に誰も当選したようです。東京オリンピック記念貨幣は人気がないと聞いていたので10円青銅貨の手変わりに集中してみたい。抽選の結果を待ちたい。抽選倍率が高ければ考えます。

オークション・ワールド社より第7回オークションが7月21日(日)にフロア・オンラインオークション、22日(月)にEmailだけのオンラインオークションが開催される。探している昭和56年 Bd型、昭和59年 Cb型の未使用+の出品はない。

昭和61年後期 Cf型の出品はありNGC-MS65RD PLの良い数字です。

1972 札幌オリンピック記念白銅貨 ケース入り

オークションから1972年札幌オリンピック記念白銅貨をゲットしました。今は無くなったケース入りです。記念貨幣を入れるケース会社はすでに破産しています。貨幣収集はブームが去り一般人の趣味には適さないことがわかったため、時代の流れには合致していない。当然の結果です。

ポイント消化のためです。200円で地元の貨幣研究会例会では取引されるものであり、プレミアムは付かないと思います。あくまでも貨幣の状態が大事です。

画像を初めて挿入してみました。画像をクリックすると拡大できます。

Img_4363 Img_4364

10円青銅貨の手変わりについて書かれた資料を探していますがすべては見つかっていません。忙しくて整理整頓まで行き渡りません。除草。

7月24日(水) 東京オリンピック記念100円バイカラークラッド貨幣の引き換え

令和元年7月24日(水)東京オリンピック・パラリンピック記念(第二次発行分)が6種類発行されます。種目は空手、スケートボード、スポーツクライミング、サーフィン、ウエイトリフティング、ゴールボールの6種類です。100円バイカラークラッド貨幣が金融機関で引き換えられます。

6種類で1人2枚までなので12枚が限度です。

ヤフオクより昭和62年 前期 Ce型 を落札し楽しみに待っていましたところ、本日届きました。手変わりファンが出現されるたび嬉しく思います。早速、流通貨では少ない存在数なのでコインホルダーに入れようと思います。出品者様に深く感謝申し上げます。

Img_4354

昭和56年Bd型、昭和59年Cb型の未使用の10円青銅貨を探しています。長い年月がかかっても構いません。それよりも私が決めた手変わり分類を改めて普及させることに全力を注ぎたいのですが仕事と家のことで時間が取れません。 休み時間には『収集』誌を読むことにしています。下手な文章では書籍に投稿しても採用されることはありません。

『収集』誌への投稿を趣味にすれば時間はかかりますが実行できそうです。8月のCCFでは低額品コーナーに期待します。地元の貨幣研究会例会の盆回しとほぼ近い値段で売られているようです。業者の店頭価格はかなり高値ですが気に行ったものには惜しまないつもりで参加をします。

「平成31年銘」貨幣セットの払い込み用紙が届く

独立行政法人 造幣局の公式ホームページで確認すると、いつも払い込み用紙準備中の状態であったのが今になってようやく自宅に届きました。2000円ということですが悩ましいことになりました。当初は購入できない人が多かったために、高いプレミアムが付けられていた。私もミントショップからは購入できませんでした。

その後、追加の発表がありプレミアムもそのような高値が付かない状況になってきた。かなり大幅な追加であった。

昭和62年 前期 Ce型 の到着が待ち遠しい。「収集」誌2019年2月号、3月号、4月号、5月号は無事に届きました。ヤフオクではキャンペーンを実施しており落札価格の10パーセント、50パーセントOFFなどがありポイントをためるのが面倒になりました。

 

第二次東京オリンピック記念500円バイカラー・クラッド貨幣(二色三層構造)の投票

第二次東京オリンピック記念500円バイカラークラッド貨幣の表面の投票が始まった。この方法は初めてで最も多く投票された図案に決まります。私はC案のオリンピックスタジアムにしました。有名で過去の夏季オリンピックでも採用されています。

ブログやはがき、大阪造幣局本局、広島造幣局支局、さいたま造幣局支局でも投票できます。

また、第二次東京オリンピック記念(第3次)1万円金貨、千円銀貨、100円バイカラークラッド貨幣の図案と発行枚数なども財務省や造幣局から発表されました。一万円金貨の図柄はよくありません。利殖を目的とした投資としては不発行10円洋銀貨のほうが見込めるそうです。

市内で昼外食をすると初めて釣銭で昭和61年前期Ce型 をもらいました。

«第487回茨城貨幣研究会例会の開催

無料ブログはココログ
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31