« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

手変わりは面倒なのが欠点

紅白歌合戦を見ながら書いています。ブログは昨日で今年の更新は終了にしたかったのですが気が付いたことを記述します。


現行貨幣の手変わりは拡大鏡で一枚づつチェックしなければならず時間がかかります。家の整理整頓をして痛感しました。普通のコレクターは年号と状態で選ぶのが通常です。大切な時間を取られることが大きな欠点になります。それに加えて昭和61年後期しかプレミアムが付かないというのが日本貨幣商協同組合の見解です。


ヤフオクやコイン業者の店頭販売などで昭和56年前期後期などの手変わり品が販売されていますがありきたりに見られる手変わり品にそれだけの価値があるのか疑問を持っています。貨幣研究会の忘年会でこのことを友人に話すと近代銭の手変わりも同様で評価は上がるのが普通で許容範囲ですと述べられました。


貨幣カタログの価格はこの値段で販売できればコイン業者は生活できるという値段なのだろう。最近の消費者物価指数の上昇、金利がゼロに等しい、確実といえるコインコレクターの減少などからスラブに入れたり知恵を絞っているのがよく分かります。CCFの会場も安い場所に変更しているように見えます。


平成14年銘の通常品(極ありきたりに見られるもの=発行枚数の多いもの)が100円、発行枚数の少ないものが200円の値段で売られていました。コイン業者は稲100円銀貨をコインクリーナーで磨いたり(未使用のきれいな状態に見せる)、第三者の鑑定機関に提出して高値で売る、発行枚数の非常に多い10円玉に【手変わり】表示して通常価格より高値で売る工夫をしています。


これだけオークションが広まっていることはやはり買いすぎて家の者が処分していることが考えられます。あるいは次の世代が現金に換えていることがわかります。オークションに関する規約と条件はきちんとしています。弁護士に依頼して製作したのだろう。


エラー銭についてもカタログに掲載されていないせいで正確な値段が把握できません。


どうぞ良いお年をお迎えください。

AW社のオークションカタログが届く

東京の催事で住所と氏名を登録したためオークション・ワールドより無料で送られてきました。定価1000円と価格が書かれています。


第7回オークション ライブ・オンライン・メインセールの分厚いオークションカタログです。付属のカレンダーが文字を書くスペースが設けられ使い勝手がとても良い。G社のカレンダーも利用します。100円ショップのカレンダーのおよそ4分の1の大きさです。


日本レコード大賞のテレビ番組を見ています。一般社団法人 日本音楽著作権協会が管理している曲の管理はJASRACが行っている。


大掃除の1日目をする。2016年は使いすぎましたので来年は控えます。
10円プルーフは所有している年銘と枚数を数えたうえで各存在率を発表します。
すでに発表したS62、S63,H元,H2に関しては改めて修正して報告します。


それでは来年もよろしくお願い申し上げます。

落札品が届きました

茨城貨幣研究会でもお世話になっているY先生の所蔵品(友人のものも含む)が大手オークションサイトを通して届きました。


  • S26年Aaに似る PCGS PCGS MS65RB
ミントプラスオークションの落札価格、市場参考価格より安く買えたので満足。店頭販売されているコイン商の価格などと比べて半値以下になり満足しています。やはり光沢はRDに比べると明らかに落ちます。年末なので不要なものをネットオークションで処分しているようです。50円や100円銀貨の手変わりなら関心が有る様子でした。


Img_1259


Img_1260


Img_1253

  • S27年 後期 Aaに似る PCGS MS64RD 製造当初の原色を伴っていてこれ以上は望めない色です。65RDも持っていますがこの光沢は大好きです。後期のおんどり(雄型鳳凰)のほうが存在数が少ないようであるという業者の言い分があったため競いました。そのためミントプラスオークションの落札価格より多少割高になりましたが許容範囲内です。手変わりは何を聞かれても詳しく話せるようになりました。


Img_1257_2

Img_1258


Img_1249


東京2020パラリンピック記念千円銀貨の当選は13日に財務省造幣局に問い合わせて確認しましたが払い込み用紙など連絡メールが届きません。半年待てばオリンピック記念銀貨も当選する様子なのでしばらく待ちます。


コイン収集は趣味としてはお勧めできません。資金が無制限にある人はそれなりに楽しめてよろしいと思います。ですが資金のない人にとっては大変です。そのため将棋が好きです。三浦弘行九段が公式戦対局中に、スマートフォンなどを使用しての不正行為疑惑がもたれた件についての第三者委員会(但木敬一委員長)による調査結果について「不正行為に及んでいたと認めるに足りる証拠はない」と発表した。



英歌手ジョージ・マイケルさん死去、53歳。大学時代にケアレス・ウィスパーなど頻繁に聞いた曲で思い出があります。




収集人気のあるものは評価が高く、現行貨の手変わり収集などは人気がなく自分でデータを解析して分析しています。銀座コインでもデータがなく詳しくありません。収集してもなんでも鑑定団に出演できる可能性は有りません。今、10円プルーフの存在数など集計しています。昭和62年銘に新手変わりを見つけましたので後日発表します。

S26PCGS MS65RBとS27後期PCGS MS64RDを落札

大手オークションサイトよりS26年PCGS MS65RBとS27後期PCGS MS64RDを落札しました。第10回のミントプラスオークションに出品するはずだったのが中止になり出品ができなくなったものです。レトロコイン社のO氏に依頼したものでわが国では有名なコレクターのY氏の旧所蔵品になります。よい貨幣であることは保証されています。


入金は明日の予定です。これを契機に無駄使いはしないことに決めました。年末なので皆さんが出品されているのだろうか。なんとかヤフオクの期間限定ポイントは消化できました。ヤフオク毎日くじでは上限額の7%のポイントの進呈でした。4等が最高だった。そのときは欲しいものがありませんでした。


ヤフオクは欲しいものかつ安いもの状態のいいものがコンスタントに来るとは限らない。一度にくる場合もあるし全く来ない時もある。難しいことが欠点です。ひと月のこずかいは正確には決められないといったほうが正しい。今も欲しいものが出品されています。困りました。


到着したら画像をアップしたいと思います。

12/18 茨城貨幣研究会の忘年会

水戸市のとう粋庵で茨城貨幣研究会の忘年会があり参加してきました。参加者は11名。去年までは串道楽で忘年会がありましたが経営者の交代により日曜が定休日になりこの場所になりました。


内容は東京オリンピック記念千円銀貨の当選などがメインでした。当選確率はごく僅かではがき20枚、合計40枚を出しても片方の1セットしか当選しませんでした。


オリンピックとパラリンピックの両方を同時に当選した人はいませんでした。私はパラリンピックが2セット当選したので1セットを譲る約束をしてきました。同じ趣味、考え方を持つ人は一緒にいて楽しいですね。


親切なコインの先生は現行10円青銅貨のギザアリを両替してくださいました。ありがとうございます。S26年銘は擦れ傷があり未使用とは言えないものもしくは疑問というもの、MSが付いても数字が低いもののようです。故佐藤会長から譲っていただいたものです。


10円プルーフは後によく見てみます。近代銀貨研究会の手替わり研究の書物、「収集」を読み返して詳しいデータを作ります。


追記 


近代貨幣(銀貨)でありきたりに見られる貨幣に手替わり表記をすると多少ながら評価は高まるということです。

ヤフオクの商品が届く

昨日、大手オークションサイトより落札品が届きました。まだ、すべてを見ていませんが新手変わりは見つからない様子です。1、2枚でも含まれればいいのですがなかなかうまくいきません。存在率は比較する対象が多くなったせいで詳しくなりました。10円プルーフをサンプルとして400枚。寛永通宝のようにまとめて入手しました。



明日、地元の貨幣研究会の忘年会があり出席します。

日本コインオークション、泰星誌上入札オークション

(株)ダルマより第42回日本コインオークションの落札価格表が届く。先日の催事で下見をしただけです。


LOT.247 東京オリンピック1000円銀貨 昭和39年(1964) 記1 PCGSケース入り MS67+ トーン完未品 ¥20,000→¥32,000




泰星コイン株式会社の第66回泰星誌上オークションの落札結果表のメールが届く。


LOT.396 日本 通常10円青銅貨(ギザあり) 昭和33年(1958年) JNDA-現8 【PCGS】 完全未使用\20,000→\31,000


どちらも完敗。泰星のS33年銘のMS65RDは安い落札価格でした。ヤフオクでも安い傾向になることを望みます。

12/13 大阪の造幣局に問い合わせる

東京2020オリンピック記念千円銀貨、パラリンピック競技大会記念千円銀貨の当選結果を造幣局に問い合わせる。昨日の12日から当選かどうかの連絡が造幣局で始まりました。パラリンピックは2組当選していました。1組はすでに発送済みのものです。もう一つは12月中から1月にかけて払い込み用紙が送られてくるという。非常に嬉しいのだがオリンピック記念千円銀貨に関しては当選してはいないとのことです。


東京オリンピック2020のほうは半年くらい待たなければ落選したことが分からない、当選する可能性は有るとのことです。決して買いません。待ちます。今後発行されるであろう記念金貨は資金的に買えない可能性が高い。


電話をして分かったのだが造幣局オンラインショップおよび通常のメールアドレスに当選メールが来なくても当選しているということが分かりました。パラリンピック銀貨は競争率ほど高くなく少ないオンラインショップへのメールとハガキの合計6通で2セットが当選しました。不思議です。


手変わりのサンプルとして大手オークションサイトより10円プルーフを落札しました。まだ、到着していませんが楽しみです。新手変わりの発見に期待します。


無駄使いはできません。月に何十万も稼いでいる人ならともかく今日からお小遣い帳を作りひと月にどれくらい使ったか分かるようにします。ヤフオクの期間限定ポイントで使わされています。計画的に使います。

12/9 東京2020パラリンピック1000円銀貨が届く

今朝、造幣局オンラインショップよりメールがあり「発送通知のご連絡」というタイトルを受け取った。ゆうパックで午前中に受け取りました。


やはり化粧箱の付いたものが見た目がきれいです。販売価格はやや高めの9500円で「東京2020公式ライセンス商品の一部は東京オリンピック・パラリンピック・ムーブメントの推進に活用されます」とのことから少なからず寄付されていることが分かります。証明書も同封されていました。


Img_1224


『パラリンピック旗と桜とイペー・アマレーロ』


Img_1234


『東京2020パラリンピック競技大会エンブレム』


Img_1233


東京オリンピック1000円銀貨の補欠当選メールが来るまで待ち大手オークションからは買いません。

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会記念貨幣(リオ 2016-東京 2020 開催引継記念)打初め式の動画配信について(2016年12月5日)

造幣局のWebページを見てみると、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会記念貨幣(リオ 2016-東京 2020 開催引継記念)打初め式の動画配信について(2016年12月5日)が公開されていました。産経新聞Web版などで放映されましたので大まかなことはわかっていましたが最後の造幣局 理事長のご挨拶は参考になります。




まだ、当選したパラリンピックの銀貨の現品がゆうぱっくで届いていません。すでに入金は済ませましたので当然のことながら払込書も届きません。当選してほしいオリンピックの当選通知のメールも届きません。ヤフオクを見るとすでに現物が到着した画像が掲載されています。12月上旬から順次発送とありましたので発送の幅が有るのだと思われます。明日あたりに届く予定です。待っています。


ヤフオクを見て感じたのですが稀少価値の極めて高い10円青銅貨には高いプレミアムがついているものが見られます。オークションの最中なので控えますが、各自が勉強して本当に稀少価値がありそれだけの価値があるのかよく確かめて納得をしたうえで入札したほうがよろしいかと存じます。


今後の催事のご案内

12月4日(日)に有楽町の交通会館に行きました。今後の催事についてのご案内をもらってきましたので紹介します。


GINZAフェスタ21 「コイン・切手 即売会」
28年2月12日(金)12:30~18:00
      13日(土)10:00~18:00
      14日(日)10:00~18:00


最終日入場は15時まで
JR有楽町駅・東京交通会館3階(グリーンルーム)
出店予定業者数 16社


出店者数が少なく消極的。




〇第30回JSDA切手まつり・第26回さくらコインショウ

2017(平成29年) 3月17日(金) 12:00~18:00
              18日(土) 10:00~18:00
              19日(日) 10:00~18:00
              20日(月) 10:00~16:00
JR有楽町駅・東京交通会館12階(ダイヤモンドホール)


主催 日本郵便切手商協同組合・いずみ会


今度上京するときはほかの要件も見つけてみます。東京散歩などいいです。学生時代は田舎だったので大都会は新鮮です。


ほとんどの業者の在庫を見ましたので大手オークションサイトからの購入も頭に入れています。数社だけ地元でなければ見られない業者があり旅費がただなら是非みたいです。稀少手変わりを探しています。


S59Cb型の未使用が欲しいです。

iPhone6s Plus

完全充電、Webページが開けず接続できない(外出時)、Wifiでは接続できます。原因らしき箇所をインターネットで調べています。勉強になります。

12/4 「第50回世界の貨幣・切手・テレホンカードまつり」に行きました

12月2日から有楽町で開催されているコインのショーに行ってきました。ブログでの反響ほどすごくはないというのが本音でした。初日ではなかったので良い品が売れてしまったこともありますが良いものがありませんでした。


一社だけ良いブースがあり始めて拡大鏡を使い選別ができました。その業者よりS63Ce型 前期を3枚、H11Cj型 左宝珠:切れ目有を2枚見つけ1枚あたり50円で購入しました。他の業者では手変わりが認知されたせいか通常のものが100円、稀少手変わりが200円となっていました。仕方なく店主に問うと、100円にはならないようで200円で購入。


時間はあればもっと見たかったのですがポイントを押さえ早めに撤収しました。ミントセットやプルーフセットの中身を見たかったです。


日本コインオークションの下見を済ませ、パドルをもらいましたが幅が多く1000円刻みのため入札しないと思う。


S33 PCGS MS65RDは輝きが素晴らしかったですが今手持ちのS27前期と同じ輝きでした。値段は目の玉が飛び出るほどで手が出ません。S26の数字が付かなかったものも見ましたが鑑定に出さなければ分かりません。それほど巧妙にできていました。2順目に見ると売れきれていたようでありませんでした。


書信館出版株式会社のブースでS氏とS56年Bd型について会話。どうやら存在しないとみていい。お楽しみ抽選会に2000円になるまで文章の上手な先生の書物を買おうとすると、無理はしなくていいよと言われ「一朱銀収集の手引き(入門編)」を無料でくださった。


会場の東京・交通会館


Img_1205_3

Img_1207

12/2 第50回世界の貨幣・切手・テレホンカードまつり

第50回世界の貨幣・切手・テレホンカードまつりが始まった。初日は行けなかったが参加したい。




オークション・ネットの第28回コインオークションを、12月4日(日)、有楽町駅前の東京交通会館3階グリーンルームで開催致します。同じ会場内で実施されていたことはわかっていたが、欲しいものが全くない。




手変わりの新発見をメインに見て歩きたい。特にプルーフの新手変わり、S56Bd、S59Cbを探したい。ごくありふれた貨幣にプレミアムがついていることに関しては疑問を抱く。


話は変わりますが、2020東京オリンピック記念千円銀貨の当選メールはまだ届きませんので店頭やヤフオクで購入するのは控えて、研究会例会などでどうすれば気軽に買うことができるのかよく話し合ってみたいと思う。


とりあえず12日まで待ちます。当選ハガキが届くはずですが破棄して、オリンピックのその後の補欠当選なども気長に待ちます。シリーズ物は1回目がプレミアムが高くつく傾向があるとコレクターに教えていただいた。悩みます。


「収集」の記事を読んでいます。どのくらいの内容の濃さが掲載されるのかがよく分かってきました。書き方も勉強になります。文章の校正・推敲、脱稿など。

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

無料ブログはココログ