« 平成18年銘 微穴ズレ50円 ネットで初めて騙される | トップページ | 図書館より貨幣研究会の書籍を借りる »

平成26年銘5円新貨ロールをゲット

5円玉コレクターさんに指摘されたように平成26年銘5円新貨ロールを両替してきました。両替手数料のかからない1本です。50枚。


ネットで調べると、この新貨ロールは金融機関ロールとも呼ばれ通常は店頭で手に入ることができず両替してもらえません。




「新貨のロールと指定した両替はできません。
ただし、運が良ければ通常の両替時に、入手することが可能です。」


通常の両替で両替できました。ただしすべて平成26年銘の5円だけでありいつもあるとは限らないということです。一度行くたびごとに50枚両替してこよう。

「以上が一般論ですが、現実的にはごく一部の金融機関では、在庫があれば対応してくれるところもあるようです。
ただし、硬貨は紙幣と違い、常に新貨が置かれているわけではありません。
ないことの方が多いものとのご認識をお持ちください。

収集家は一般的には両替を繰り返し、新貨ロールを掘り当てている状況にあります。」


これで平成26年銘の5円ロールが合計3本になりました。


双葉

01c84778de9d2e2ed6f7dfca36c820864df


稲穂、歯車、水

019ba288a08664499ef81ee628b4f745cbd


記念硬貨の在庫はない、新貨ロールもないと説明されていたので通常はもらえず特殊な場合でしか両替できないものとわかり収集家も多いということに納得しました。 記念硬貨も金融機関にはないということなので可能な限り収集しておきたいです。

« 平成18年銘 微穴ズレ50円 ネットで初めて騙される | トップページ | 図書館より貨幣研究会の書籍を借りる »

コメント

おめでとうございます、新貨ロールはナカナカ手にいりません。
私は50円白銅貨の特年を集めております。一つ疑問がわいてきております。
昭和62年銘50円は775.000枚の発行数、即ちミントセットのみの発行となっておりますが
果たしてそうなのか、選り銭して掘り当てた人が多いように感じます。私は
久しく選り銭をしておりますが銀行からは出ておりません。ミントセット崩しを2枚のみ。
平成22・23・24・25年の大特年も果たしてミントセットのみなのか、これは正しい様ですが
コレクターは疑り深いものです。

5円玉コレクター殿

茨城県ではこの地方銀行しか新貨ロールを取り扱っていません。したがって、他行では年号の混じった混在ロールしか出してくれないということです。自分の足で稼いだ情報ですので間違いありません。

今度は1000枚まで両替手数料が315円なのでまだ残っていた時にはすべて両替してきます。貴重なものということがよくわかり入手困難なものです。

50円白銅貨の特年については造幣局発表の発行枚数が正しいものだと信じています。まだ、特年を見つけ出したことはありません。S62が多く、H22も昨日見つけたという情報がTwitterにありました。

ネットオークションの落札価格は出品者が自由に決めていいのですがはっきりとわかる画像を掲載してもらいたかったと思います。

まだ、東京オリンピック記念千円銀貨の補欠当選を待っています。ヤフオクなどの相場でパラリンピックは13000-14000円に比べ、東京オリンピック記念千円銀貨は25000-27000円になっていますが銀座コインで元日に23000円で販売されていたのでそんなに高値で入手するものではないと思っています。

時間が過ぎれば造幣局のほうで今度はオリンピック記念千円銀貨を順に発送すると推測します。入手困難なものは高く、入手が易しいものほど安い傾向になるものと思われます。

コメントありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1004865/69693424

この記事へのトラックバック一覧です: 平成26年銘5円新貨ロールをゲット:

« 平成18年銘 微穴ズレ50円 ネットで初めて騙される | トップページ | 図書館より貨幣研究会の書籍を借りる »

無料ブログはココログ