« 3/19 茨城貨幣研究会例会 | トップページ | 4/16 第464回  茨城貨幣研究会例会 »

平等院鳳凰堂の正式な名称 コインでの呼び名は省略されている

コイン独特な名称が1円銀貨や50銭銀貨に付けられている。省略されて呼ばれている呼び名が使われている。しかし、現行の10円青銅貨においては正式には決められていない。鈴木和三郎先生の出版された書物およびWebページにも左宝珠、右裳階、左破風、石積み等の名称が使われているが、浸透していない。どのように呼んだら一般コレクターにも覚えやすい名称でありかつ正式な名称に近いだろうか。


神吉廣純氏は「10円青銅貨の平等院鳳凰堂は実物に忠実に描かれているように見えて、実は細部ではかなりデザイン化かつ省略化されており、実際の平等院鳳凰堂とは微妙に形状が違います」と収集誌では述べられています。

« 3/19 茨城貨幣研究会例会 | トップページ | 4/16 第464回  茨城貨幣研究会例会 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1004865/70227374

この記事へのトラックバック一覧です: 平等院鳳凰堂の正式な名称 コインでの呼び名は省略されている:

« 3/19 茨城貨幣研究会例会 | トップページ | 4/16 第464回  茨城貨幣研究会例会 »