« 国立国会図書館 | トップページ | 論文を発表できずに悩んでいる収集家も多い »

2020東京五輪記念貨幣の発行について

貨幣コレクターならすでにご存じだと思いますが5月31日、財務省と国立造幣局が開いた有識者会議で2018年11月頃から開催直前まで合計4回に分けて記念硬貨を発行することが決まりました。


1万円 金貨 3種類 9万8000円(販売価格は推定)
1000円 銀貨 12種類 9800円(販売価格は推定)


500円 2種類
100円 13種類


2020年東京五輪記念カラー銀貨が2016年度に2枚発行されています。2016リオデジャネイロ五輪から2020東京五輪への開催都市の引継ぎをテーマとしたものです。合計すると32種類になります。


デザインに採用する競技は今後、検討しますが直近3大会のメダル獲得数によるということです。


根拠は以下のリンクをクリックしてください。






趣味にはがきを大量に投函して10枚程度、出費も覚悟しなければいけませんので大切に無駄使いをせずにとっておきます。それでも前回のリオの引継ぎの時はオリンピックのほうが当選しませんでした。当然、補欠にもなりませんでした。パラリンピック引継ぎの方は2枚当選しました。
 
 

« 国立国会図書館 | トップページ | 論文を発表できずに悩んでいる収集家も多い »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1004865/70765654

この記事へのトラックバック一覧です: 2020東京五輪記念貨幣の発行について:

« 国立国会図書館 | トップページ | 論文を発表できずに悩んでいる収集家も多い »

無料ブログはココログ