« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

『収集』2016年3,4,5,6,9,10,11,12が届く

ヤフオクより落札しました書信館出版株式会社の『収集』2016年3、4、5、6、9、10、11、12月号が届きました。以前購入して重複した号もありますが何度も読み返すことで傾向が掴めます。暗記するまで読むことが重要です。また次回もよろしくお願い致します。

平成23年銘5円黄銅 PCGS MS66を10円で落札しましたがこれは届くか心配です。出品者の間違いではないかという安さです。どうか届きますように祈るしかありません。

『収集』に投稿する文章を練っています。ベースはできていますが画像の編集が面倒です。画像に矢印を付け各部の名称を付けることなど。天然光の下でスラブ入りの貨幣を撮影し直しです。

7月のCCFが非常に楽しみです。低額品コーナーで未使用の10円青銅貨を選んで買いたい。2020東京オリンピックの記念貨幣を全部そろえる意気込みでいるため無駄使いはできません。我慢をしています。

キュリオマガジン

Yahooポイントが5000円以上残っていたことと、ヤフオクくじに4等が当選したことからキュリオマガジン4冊を落札しました。本日到着しました。内容は興味のある記事ばかりです。文章の長さなども参考になります。


投稿された文章は編集部で校正され出版されると思いますがきれいな文章で書かれています。


明日は曇りの予報ですが雨は降ってほしくない。


10円の手変わりでs60年の手変わりに鳳凰の足の太さの違いも含めてもいいのではないだろうかと思う。人によって手変わりの定義が様々でありこの点が問題になっています。神吉先生が手変わりに関しては第一人者でしたのでどのような判断が下されるか楽しみです。


それを認めてしまうと様々な年号で見られることになってしまいより慎重になる必要があります。泉友が認めるのだから新たな手変わりといえるのでしょう。筆者は3枚を15倍拡大鏡で見ていずれも足の太いもので標準品でした。そのほかにもないかどうか良く家の中を探してみます。


自動販売機は使うのをなるだけ控えます。金融機関を使います。

リオ五輪金メダリスト 切手バドミントン女子ダブルス タカマツペア 公式フレーム切手

2016リオデジャネイロ五輪で金メダリストになったバドミントンダブルスの高橋礼華選手と松友美佐紀選手(日本ユニシス所属)の切手シートを入手しました。定価1400円のところ送料込みで1000円でした。出品者には申し訳ありません。シリアルナンバー付きの袋も付けてくださりありがとうございます。


テレホンカードを下取りに行きましたが記念も普通の値段でしたので400円くらいの買い取り価格と思う。




M60084717650_1

6/18 第466回 茨城貨幣研究会例会

先月は熱中症の影響で不参加でしたが、今月は張り切っていきました。天候が思うようにはっきりせず雨具を持ち行きました。途中の千波湖では大勢で走っている姿を見かけました。


会長より「続・古文書に見る貨幣の変遷」を頂く。県立図書館に所蔵されている書物で自費出版のものです。どうもありがとうございます。


県立図書館にもう一度行き確認したかった資料がありますが閉館時間が短く断念しました。休日は早く起き、自分の好きなことを済ましたり庭を見舞わしたり雑用を済ませることが大切です。

銀行協会20年史

不発行10円洋銀貨幣の経緯を調べるため借りました。ドッジ・ラインとデイスインフレーション、シャウプ勧告など興味のある記事がありました。


昭和27年前期後期の枝氏の「ボナンザ」(19巻、5号、1983年)の記述が手に入りました。初めて文献に発表した人の記述となると昭和56年の杉浦和美氏(「ボナンザ」18巻11号、1982年)の文献も欲しくなります。前期後期の違いは読まなくても予想できます。


論文を書くためには高価な貨幣を購入する必要はありませんが、わずかですが資金が必要になります。コピー代など。様々な図書館に行き資料・文献を探すなど。どうしてもない場合は購入するなど。


そのため資金と能力と時間に欠けているため論文が書けないコレクターもいると思う。


雷があり、大雨がありましたがすぐに止んでしまいました。

造幣100年史

近所の大学図書館に行き、大蔵省造幣局「造幣100年史」1971年を借りました。丁寧に描かれており一目で分かります。経済安定9原則、ドッジラインなどの日本経済について勉強になります。


ドッジラインは経済学部で「財政学」「経済政策」について学んだ際にその箇所に傍線が引かれていましたので当時学習した際に教授が強調され指摘された場所です。


午後は曇りでしたが雨は降りませんでした。

造幣局80年史、90年史

地元の県立図書館より「造幣局80年史」を一枚だけコピーしてきました。国立国会図書館の蔵書のもの(国立国会図書館デジタルコレクション)ですがインターネットブースのパソコンの調子が悪く最初の5頁くらいでめくるのをやめてしまいました。



必要な箇所をすべて複写すべきでした。発行枚数が合致しないことに気が付きました。



パソコンはApple製と日本製が使いやすいです。ついでに「造幣局90年史」の資料も読んできました。こちらは複写をするページはありませんでした。 永続的識別子をインターネットブースですぐに書き込んでおく必要があります。



追記



公開範囲:国立国会図書館/図書館送信限定に限られているため自宅のパソコンやスマートフォンでは見られません。著作権で保護されているため一般には公開していません。



「この資料は、著作権の保護期間中であるか、著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開をしていません。 閲覧を希望される場合は、国立国会図書館または図書館送信参加館へご来館ください。図書館送信参加館にご来館になる場合は、来館予定の図書館へ利用方法の確認をお願いいたします。
「書誌ID(NDL-OPACへのリンク) 」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。」

図録日本の貨幣9

地元の図書館より日本銀行調査局編「図録日本の貨幣9 管理通貨制度下の通貨」東洋経済新報社、1975年 を借りました。この図書は全巻11巻であり、9巻は戦前・戦後の日本経済が非常に詳しく書かれています。


造幣局で製造する貨幣は日本銀行に引き渡しが完了されるまでは補助貨幣と認められていません。それゆえ、日本銀行調査局の書籍だけあり正確な記録が残されています。信用があり、「造幣局100年史」大蔵省造幣局、1976年 や「造幣局100年史 資料編」大蔵省造幣局、1974年と見比べてみるとより確実な情報が得られる。


「図録日本の貨幣」シリーズは出版社には品切れで再販がされるのは間違いない。


01a3a04d64d401eb81b07beb271640a8f52

日本貨幣図鑑

メルカリより郡司勇夫編の「日本貨幣図鑑」東洋経済新報社、1981年を手に入れました。2000円(送料込み)でしたが大手オークション落札相場と同じ程度で一安心しました。


この本は県立図書館、公立図書館にはない本で茨城県立図書館から国立国会図書館に相互貸借の申し込みをすれば視聴覚コーナーのインターネットブースより、「国立国会図書館デジタルコレクション」の内容を閲覧することができます。やはり複写が一番です。


数年前に県立図書館に所蔵されているのを確認しましたが見つかりませんでした。品切れで価格を下げて刊行されることを期待します。


010e1c52c83b272db69c3f9eb38f53c2abf


0137f90e00b7bfa5e627404bb0935bc69_2


01370bc30ea5e79aeedf235c159d051b0bd


0178017d40fc86f6eb310be6852cf8a7a00
 

論文を発表できずに悩んでいる収集家も多い

10円手変わりの論文が書けずに悩んでいますが自分が詳しく分かっていても時間が取れず投稿できないなどの問題を背負っている収集家も非常に多いと思う。コピー代もばかにならず、きれいな文章でなければ振り向いてもらえない。独自の文章でないといけない。



採用されれば貨幣史に名前が残りますが難しい作業ですね。特に作る必要もない気もしてきました。論文が発表されると、かえって人気が出るかもしれず(コレクターにとってもコイン商にとっても期待される分野です)カタログには価格が表示されなくともコイン店の店頭価格が上昇し、「手変わり表示」されるかもしれない。

2020東京五輪記念貨幣の発行について

貨幣コレクターならすでにご存じだと思いますが5月31日、財務省と国立造幣局が開いた有識者会議で2018年11月頃から開催直前まで合計4回に分けて記念硬貨を発行することが決まりました。


1万円 金貨 3種類 9万8000円(販売価格は推定)
1000円 銀貨 12種類 9800円(販売価格は推定)


500円 2種類
100円 13種類


2020年東京五輪記念カラー銀貨が2016年度に2枚発行されています。2016リオデジャネイロ五輪から2020東京五輪への開催都市の引継ぎをテーマとしたものです。合計すると32種類になります。


デザインに採用する競技は今後、検討しますが直近3大会のメダル獲得数によるということです。


根拠は以下のリンクをクリックしてください。






趣味にはがきを大量に投函して10枚程度、出費も覚悟しなければいけませんので大切に無駄使いをせずにとっておきます。それでも前回のリオの引継ぎの時はオリンピックのほうが当選しませんでした。当然、補欠にもなりませんでした。パラリンピック引継ぎの方は2枚当選しました。
 
 

国立国会図書館

近所の公立図書館、大学図書館には所蔵していない書物がありAmazonで買うか(思い切って)、大手オークションなどで安値で入手できないか、あるいは東京に行った際に国立国会図書館に一度寄ってみようと思う。当然、蔵書の有無はインターネットで確認済みです。県立、公立、大学の図書館で所蔵しているものは複写で済まそうと考えています。どうしても資料がないと正しい文章は述べられない。


探しているもの


①造幣局80年史
②造幣局90年史


最近、非常に暑くなり水分補給は必要です。

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »