« 昭和26年 Aaに類似1タイプ(型) | トップページ | 昭和63年前期の追加考察 »

「昭和63年 前期 Ce型 階段切れ目有」を流通過程より発見

 

今回は流通過程では確認できなかった「昭和63年 前期」階段切れ目有 を発見したことについて報告する。2017年9月6日に「昭和63年 前期」の流通貨を発見できた。

 

場所は水戸市のつくば銀行赤塚支店である。7月に表面に縁のないエラーコイン(鋳造時に造られたものではない)のようなもので重量のやや軽い4.3グラムの10円「平成11年」を発見した場所でもある。

 

20170906_20h15_42

 

 

 

私が4‐5年前から探してきたがすべて「昭和63年 後期」であった。もっとも、自動販売機を使った場合は見逃してきたこともある。渋谷のコイン商で昭和63年前期を見つけたが、ミント崩しなのかロール出しなのか分からないという返答であったのでミントセットにしか組み込まれていないものだと勝手に決め込んでいた。

 

いずれにせよ、「昭和63年 前期」はミントセットから容易に入手することができるので貴重な手変わり品とは言えない。ミント出しかロール出しかの区別がつかないためである。今回の発見により、「昭和63年 前期」が確実に流通されていることが実証できた。

 

01d1b5ec45d73fb03851b49daadc316d6e7

 

014e78d44eb9667fe81a832680ddf792479

 

 

 

「昭和61年 後期」、「昭和62年 前期」は流通過程から確認できたが数は少ない。残りは手変わりの報告がされていない「昭和60年」、存在の報告はあるが現品未確認のものである「昭和56年Bd型」を意識的に見つけても良いだろう。さらに、「平成6年」、「平成13年」なども詳しく精査してみる価値が高い。

 

« 昭和26年 Aaに類似1タイプ(型) | トップページ | 昭和63年前期の追加考察 »

コメント

前期はミントセットの中にあるものとして収集をしておりませんでした、
これから少し集めてみます。貴重な資料をありがとうございます。

五円玉コレクター様

〉前期はミントセットの中にあるものとして収集をしておりませんでした、
これから少し集めてみます。貴重な資料をありがとうございます。

インターネットなどでも昭和63年前期 Ce型 階段切れ目有 の存在が報告されていましたが場所や日時などの詳細な情報が曖昧だったので信頼できませんでしたが、今回の新発見により流通貨にも僅かですが存在していることが証明されました。

こちらでも注意して探してみます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1004865/71633104

この記事へのトラックバック一覧です: 「昭和63年 前期 Ce型 階段切れ目有」を流通過程より発見 :

« 昭和26年 Aaに類似1タイプ(型) | トップページ | 昭和63年前期の追加考察 »

無料ブログはココログ