« 昭和57年 前期 Ca型(タイプ) | トップページ | 昭和26年 Aaに類似タイプI PCGS-MS65RD をゲット »

昭和57年 後期 Cb型(タイプ)

徐々に日が長くなりコインの撮影に便利になるとともに自販機から10円青銅貨を交換している。もちろん自販機を使う際には適度な回数と決めている(弁護士ドットコム)。1台の自販機にはせいぜい3回ずつ、1回に10円青銅貨を10枚挿入口に入れ返却レバーを押す。なぜなら10枚であれば自販機の詰まりはないからだ。

珍しい手変わり品の存在する年号、古い年号、未使用に近い貨幣を集めている。昭和61年銘を見つけると、前期か後期なのかを調べたり、昭和45年、46年も稀少な手変わり品かどうか調べています。昭和59年Cb型(タイプ)を探していますが、まだ今年になってからは見つかりません。

昭和56年Bd型(タイプ)を探していますが見つかりませんので一度探すことをやめましたが最近になって再開しました。

私は予算があれば明治の竜の銀貨が好きである。貨幣研究会例会で素晴らしい状態のものが出品されるにつれてお金があったらなあといつも思うのである。穴銭や天保通宝、琉球通宝、絵銭、円銀、貿易銀、豆板銀、一朱銀、一分銀、小判などを見てきたが予算オーバーのため購入できない。すべてを集めることは無理だからだ。

 
厄介なのはエラー銭である。コイン鑑定士ではないので正しい鑑定眼は持ち合わせていない。これは人工的に造られたものなのか判断に困ることがある。単にいたずらで削られたものなのか不明だ。

10円青銅貨の誕生60周年記念のプルーフセットとミントセットが大蔵省造幣局から発売された。平成23年に東京造幣フェアーを記念して造幣局で売り出した現地販売のセットである。当然、私はプルーフセットとミントセットを持っている。なぜなら10円青銅貨が好きだからだ。

東京の催事に行けば、毎回探し求める貨幣があるとは限らない。業者のブースをくまなく探し回り何度も貨幣収集のために上京しなければ探し求める稀少な手変わり品を入手することはできない。つまり、長い間、コイン収集を続ける必要がある。短期間としたとしても状態の良いものを納得する価格で探し求めるのは非常に難しい。

銀行ロールは必要なのか疑問になってきました。‘信用‘で貨幣研究会例会は成り立っているので変更はできない。両方年号面が見えないもの、当時は入手困難であったものか。やはりギザ十の入手が正しい選択だったのだろうかなどとも思えてきた。今度、大量に持参してくださるので考慮しておきたい。


〇昭和57年 Cb型(タイプ) 存在率:多い。「左破風:階段型」「左翼廊の軒先:軒丸瓦 有り」「階段両方切れ目有」


20180219_19h22_27


下の画像はクリックすると拡大されます。


20180219_19h25_31

« 昭和57年 前期 Ca型(タイプ) | トップページ | 昭和26年 Aaに類似タイプI PCGS-MS65RD をゲット »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1004865/72956257

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和57年 後期 Cb型(タイプ):

« 昭和57年 前期 Ca型(タイプ) | トップページ | 昭和26年 Aaに類似タイプI PCGS-MS65RD をゲット »

無料ブログはココログ
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30